ペンギンアップデート2.1 対策とリカバリーの方法

アフィリエイターにとって、
ペンギンアップデート程、脅威なものはないんじゃないか
という位のグーグルのアップデートですが、

今後の対策とペナルティを食らってしまった時の
リカバリーの方法について、僕の経験からお話したいと思います。

 
こんばんは、ハムです。

僕の前のブログもペンギンアップデートの
影響をモロに受けちゃいまして、結局、新しいブログ(このブログです)
を作るはめになっちゃたんです(涙)

一度、引っかかってしまうと、
なかなかリカバリーするのは難しいので、
引っかからないようにサイト運営していきましょう!

 

ペンギンアップデートとは!?

 
という事ですが、

簡単に言いますと、
質の悪い被リンクを貰っているサイトに対して、
ペナルティを課す(大幅に順位を下げる)というものです。

 
この質の悪い被リンクって何!?

という事ですが、これは単にページランクが
付いてないとかそんなレベルではなく、

コンテンツマッチしているかどうか?

被リンク元のサイトはアクセスがあるか?

テンプレートが偏っていないか?

という部分を見ていると僕は考えています。

 
なので、SEO業者からの被リンクというのは
限りなく、ペンギンの対象になってしまうのです。

 
だって、SEO業者のサイトって
ネットビジネスに特化している訳ではないので
コンテンツマッチという部分で既にアウトなのです。

 
僕が見てきて、一番ひっかかるのが
テンプレートが同一のものばかりの被リンクです。

 
これが、例えばワードプレスだけだと、
いかにも自作自演っぽくなります。

なので、HTMLサイトやMTサイトも
入れていく必要があるのです。

 
日本人全員がワードプレスを使ってるか!?

って話で、中には、HTMLサイトをメインに
ネットビジネスをやっている人もいる訳ですよ。

なのに、被リンクはワードプレスだけ
ってのは、不自然な訳です。

 
実際、僕のサテライトもHTMLサイトは
結構ありまして、これが今の所、かなり機能しています。

なので、ワードプレスだけでなく
HTMLサイトも取り入れていくと効果的と言えます。
 

ペンギンアップデートのリカバリーの方法について

 
で、もし、ペンギンアップデートで
大幅に順位が下がった場合のリカバリーの仕方ですが、

これは、被リンクを外していく事ですね。

 
僕の前のブログは100IP位、
被リンクを貰っていましたが、

圏外にぶっ飛んでしまったんで、
効果のない被リンクは全て取り外しました。

 
被リンクを取り外す事で、
グーグルから何らかの警告が来るのでは!?

と思われるかもしれませんが、
取り外しに関しては特に問題ないみたいです。

 
実際、僕は100IP分の被リンクを
取り外して貰いましたが、

順位が下がるという事はなく、
寧ろ、順位が回復しています。

 
一番、やってはいけないのが、

500IP!の被リンク!

みたいな訳の分からんサービスにのっかる事ですね。

 
被リンクだけで上位表示させるなんてのは
不可能な訳で、仮に上位表示出来たとしても
サイトの中身がスカスカだと、

だーれも見ない訳ですから、
一瞬で順位は下がってしまいます。

 
また、あーいうサービスの危険なのは
リンクの取り外しが出来ない可能性が高い事です。

 
被リンクのせいで、検索順位が下がったなら
取り外しをすればいいだけの話なんですが、

リンクが取り外せないなら、

そのサイトは死んだも同然ですからね・・・。

 
お金払ってペナルティ食らって、
復旧出来ないって悲しい以外の何物でもありません。

 
あと、変なサテライトツールみたいなのが
インフォで売られていますが、

あーいうのはガチで邪道で、
おもっくそペナルティの対象になります。

 
一度、そのサテライトを見たんですが
お世辞でも、質が高いとは言えません。

極端に言ったらゴミサイトです。

 
なので、そーいうツールは使わない事ですね。

 
こんな感じでペンギンアップデートについて
お話しましたが、多分、これから2.2、2.3と
アップデートされると思いますが、

警告が来てないなら復活は可能でして、
諦めなければ何とかなるもんです。

 
なので、ペンギンでアクセスが激減したからと言って
決して、諦めないで下さいね。

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです


もしも記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のソーシャルボタンで共有して頂きましたら、とても嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

プレゼント付き無料メルマガをやっています(詳細は画像をクリックです↓↓)

mougennkai

 

1件のコメント

コメントを残す