ネットビジネス大百科だと思うんだけどなぁー

こんばんは、ハムです☆

 
ここの所、コピーライティングの教材が
出て、僕の所にもオファーが来たんですが、

僕はネットビジネス大百科以外は
要らないと思うんです。

 
僕のコピーライティングのルーツって
ネットビジネス大百科とアニメとか漫画、
ゲームだったりします。

 
コピーって、勉強しようと思えば
色んなもので勉強出来るんです。

 
漫画やゲームってストーリーがあって、
その中で、凄く心動かされるシーンであったり
セリフがあったりするんです。

 
だいたい、僕が感動する流れというのが
ダメダメだったキャラが成長して、

っていうパターンがほとんどなんです。

 
僕のプロフィールというのも、
そーいうのをモデリングして書いてるんですよね。

 
他には、本屋さんであったり、
コンビニの書籍コーナーですね。

そーいう所をざーっと見てみるんです。

 
そーすると、たまーに、

 
おっ!何コレ!?

 
みたいなタイトルの本とか
雑誌で言ったら見出しがあるんですよ。

 
その時に、

 
何で、今、自分は、おっ!

と思って立ち止まったんだろう?

 
って考える訳です。

 
強烈なキャッチコピーであったり
タイトルであったり、色んな要素があって
立ち止まるんです。

 
ビジネス視点で、日常のものを見るクセを
付ける事で、ライティング力って意外と上がるものです。

 
勿論、それらをただ単に、すげーなー
と思うだけではダメですよ!

 
コピーライティング力を付けるには
質のいいインプットをする以上に

 
アウトプットをする事です。

 
このアウトプットが全然、お粗末な
アフィリエイターが、

売れる文章が書けますよ!

 
みたいな事を言って、ライティング教材を
アフィリエイトしているのが、今のこの業界の
現状とも言えます。

 
レビューページ見たら、
ヘッドコピーに売れる文章なんたらかんたら
という、お粗末なコピーを書いてる訳です。

 
それじゃあ、読まれませんよ。。。

 
ヘッドコピーは次の文章を読ませる為に
書く、そして次の文章は、更に次の文章を
読ませる為に書く

とネットビジネス大百科では言っていますが、

 
これっていうのはコピーの大原則です。

 
なのに、ヘッドコピーがテキトーなもので
コピーライティングの教材をアフィリエイトしている訳ですから
変な話です。

 
結局、コピーライティングっていうのは
魔法みたいなテクニックなんて必要ないし、

本質的な部分を学んだら、
あとは、いかにして、アウトプットしていくか?

だけです。

 
だから、僕はコピーライティングの教材は
ネットビジネス大百科以外はオススメしないんです。

 
そんなネットビジネス大百科にも
僕の企画を付けようと思っています。

 
てゆうか、今、コンテンツを作っている所です。

 
ぶっちゃけ、そこら辺のコピーライティングの教材より
遥かに、クオリティの高いコンテンツを配信していきますよ!

 
また、完成したら紹介しますので、
期待して貰っていいですよ。

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです


もしも記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のソーシャルボタンで共有して頂きましたら、とても嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

プレゼント付き無料メルマガをやっています(詳細は画像をクリックです↓↓)

mougennkai

 

1件のコメント

  • ハムさん、こんにちは。

    早川です。

    僕も、ネットビジネス大百科を手に入れましたが、
    コピーライティングの大切さを感じさせられる情熱あふれる
    教材ですね。

    ハムさんの言われる通り、ヘッドコピーは本当に大切だと
    身にしみて感じています。

    シュガーマンの滑り台効果を起こすには、
    まずはヘッドコピーですからね。(笑)

    僕も、引き続きコピーライティングの上達に努力を重ねていきたいと
    思いますね。

    それでは、これからも頑張って下さいね。

    応援しています。

コメントを残す