301リダイレクトとは?やり方と設定方法と確認方法について

301リダイレクト(301転送)とは、
恒久的なドメインの移行の事で、

ドメインのお引越しや、
中古ドメインのドメイン名を
変えたい時に使うものになります。

今回、その301リダイレクトのやり方
設定方法から確認方法まで、解説しています。

 
こんにちは、ハムです。

301リダイレクト、もしくは301転送って
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、

オールドドメインを取得したけど、
ドメイン名を変えたい!!

という時に使える手法になりますので、
是非、参考にして頂ければと思います。

 

301リダイレクトの特徴

 
旧のドメインの持つSEOパワーを
移行後のドメインに引き継ぐ事が出来ます。

但し、ページランクなどの引き継ぎは
かなり時間がかかりますので、ご注意を。

 

301リダイレクトの設定方法

 
まず、メモ帳で、適当な文字.htaccessという
ファイルを作ります

僕が実際にやった例では
hamu.htaccessというファイルを作りました。

301re1

 

 
ファイルの中身ですが、下記のように
赤のドメイン部分に移転先のドメイン名を記入します

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteRule (.*) http://tatakisanhamu.net/$1 [R=301,L]

 

 
ここまで、出来れば、
下記の図のようにFFFTPで
旧のドメインに先ほどのファイルを
アップロード
します。

301re3

 

 
アップロードしたら、
ファイル名を.htaccessに戻します。

301re2

 
以上で301リダイレクトは完了になります。

 

301リダイレクトの確認方法

 
301リダイレクトがきちんと出来ているかは
下記のサイトで確認できます。

SEOChat

 
使い方は下記の図の赤枠部分に
旧のドメインを入力しCheckをクリック
するだけです。

301re4

  

  
下記の図の赤枠部分のように
表示されていれば301リダイレクトは
出来ています。

301re5

  

301リダイレクトの注意点

  
301リダイレクトはオールドドメインを
新規ドメインに移転する際に使う事が大半です。

  
その載の注意点なんですが、
必ず、移転する前に旧ドメインサイト、
新規ドメインサイトも最低1ページの
サイトは作っておきましょう。

  
本来、301リダイレクトは
現存するサイトが何らかの事情で
ドメインの変更が必要になった時に
利用するものです。

存在しないサイトからの301転送というのは
グーグル的に故意に検索エンジンで上位表示させようと
しているものと認識される可能性があるんですね。

  
なので、301リダイレクトをする際は、
必ず、サイトを一定の形にしてからする事を
おススメします。

  
以上で301リダイレクトの設定方法の説明は
終了になるのですが、

新規ドメインでコツコツ育てる
というのが、基本はベストだと
個人的には思いますので、

こーいうのもあるんだなー
程度に認識して貰えればと思います。

  

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです


もしも記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のソーシャルボタンで共有して頂きましたら、とても嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

プレゼント付き無料メルマガをやっています(詳細は画像をクリックです↓↓)

mougennkai

 

コメントを残す